げん玉の安全性と危険性について

何を基準にお小遣いサイトの安全性と危険性を判断したら良いでしょうか? 安全と言われているげん玉についてもその安全性と危険性を検証します。

げん玉の安全性について

secur

個人情報の保護について

お小遣いサイトでは会員登録や広告利用する際に、個人情報を入力するケースがありますので、SSLとプライバシーマークは安全性を高める為に必要です。

SSLとはインターネット上でデータを安全にやり取りするための暗号化技術ですがげん玉では必要なページに適切に配置されています。

プライバシーマーク制度はJISが、個人情報を適切に保護する体制ができている事業者に、マークの使用を認めるものです。このマークがあれば、社員全員が個人情報の「適切な保護措置」を熟知し実践できるレベルであると言えます。

万が一情報漏えいなどの不祥事を起こした場合には、マーク使用認定の取り消しという厳しいペナルティーを受けます。げん玉ではTOPページのフッター部分に確認することができます。

JIPC

JIPCは日本インターネットポイント協議会の略称です。お小遣いサイトを運営している企業を中心に構成され、業界全体の信頼性を高める活動をしています。参加企業はサービスの終了の際には、1ヶ月以上前にその旨を公表する義務があります。

残念ながらげん玉を運営するリアルワールドはこのJIPCに参加していません。お小遣いサイト運営歴からすれば、この協議会の主要メンバーであってもおかしくないはずです。

詳しいいきさつはわかりませんが、それなりの事情があってのことだと思います。JIPCに参加しないということは信頼性を単独で構築しなければならないので、より厳しい経営姿勢が求められます。

経営規模

お小遣いサイトの運営には比較的資本力のあるベンチャー企業が適しています。大企業の運営ではお小遣いサイトは多角経営の一部に過ぎず、小規模事業者では経営基盤が貧弱なため破綻リスクが高いからです。

げん玉を運営するリアルワールドは資本金2億円、社員100名のベンチャーから成長を遂げた中規模事業者です。徐々に事業領域を拡大していますが、あくまでもお小遣いサイトをメインとした事業展開ですので理想的な運営母体だと言えます。

げん玉の危険性について

tigar

無料で利用できる

入会費、年会費などは一切かかりません。ポイントの交換でお金をゲットすることはあっても、サービスを利用する上で費用が発生することはありません。

いくら悪質なサイトでもお金を要求することは不可能だと思われますし、それでは全く運営が成り立ちません。げん玉に限らずお小遣いサイトを無料で利用することに危険性はありません。

ポイントが承認されない

どのお小遣いサイトでも起こりうることでげん玉に限ったことではありません。利用者の原因として考えられるのは通信環境、成果条件未達、操作ミスなどです。

不明な部分にはお小遣いサイト側・広告主側の何らかの原因もあると思いますが、私たちにはわかりません。未承認の危険性を減らすためには成果条件をしっかりと確認し、ミスをしないように丁寧にステップを進めることです。

また問い合わせに備えて、申込んだ案件の詳細や完了メールなどしっかりと保存しておく必要があります。

換金できるか

お小遣いサイトを利用する上で、最大のリスクはポイントを交換できないことです。いくらポイントを貯めたところで交換できなくては何にもなりません。

げん玉の最低換金額は300円で交換手数料もチケットにより月1回無料になります。無料案件やアプリダウンロードなどコンテンツが豊富にありますので、1ヶ月ほどで無理なく換金可能です。


現時点で当サイトが推奨するのはモッピーです。
モッピーは自信を持っておすすめできるお小遣いサイトです。
モッピー(moppy)の評価・評判、おすすめポイント

<< ホームに戻る < 個別サイト攻略に戻る

topnimodoru

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑