モッピー(moppy)の安全性と危険性について

お小遣いサイトの安全性や危険性はそのサイトを眺めているだけではわかりません。ではどんな観点から検証すれば判断できるかをモッピーで検証してみます。

モッピーの安全性について

kagi

SSLとプライバシーマーク

SSLとプライバシーマークはインターネット上で個人情報を保護する上で重要な役割を果たします。SSLはデータを安全に送信するための暗号化技術ですが、モッピーのサイトではログインなど適切なページに施されています。

プライバシーマークはJISが、個人情報を保護する適切な対応ができる事業者にマークの使用を認めます。このマークが表示されているお小遣いサイトは社員全員が個人情報の「適切な保護」を強く意識して行動してると言えます。

モッピーではTOPページのフッター部分に確認することができます。

JIPC

JIPCはウェブ上でポイントサービスを提供している企業を中心に構成され、自分たちのポイントの信頼性を高める活動をしています。

ここに参加している企業はサービスの終了やポイントレート変更の際に、1ヶ月以前の公表義務があります。モッピーはこのJIPCに当然参加していますので、ポイント消滅の危険性が極めて低くなります。

経営規模

モッピーの運営会社、株式会社セレスは資本金1億円、社員30名のベンチャー企業です。モッピーとモバトク通帳という二つのお小遣いサイトをメイン事業としているので、この事業の運営に最も注力しています。

ユーザー目線の高い還元率や紹介制度の充実により業績も好調で、2014年10月に東証マザースに上場しました。

モッピーの危険性について

toge

無料で利用できる

モッピーに限らず、全てのお小遣いサイトは企業の広告費を主な収入源にしています。会員がお小遣いサイトで広告案件を利用すれば、企業からサイトへ広告費が支払われ、その一部を会員に還元して成り立っているのです。

入会費、年会費などは一切かからず、サービスを利用する上でもお金がかかることはありません。

迷惑メール

もちろんモッピーからは毎日の様に広告メールが送られてきますが、これはポイントを獲得するためのものでフリーアドレスで登録すれば気になりません。

スマホで本会員登録した場合には、そちらにもメールが届くのでメルアドを仕分けできないキャリアの方は不便を感じるかもしれません。

ポイントが承認されない

私はモッピーで多くの広告案件を利用してきましたが、アプリダウンロードでは2回ほど承認されなかった経験があります。

単価が安いと成果条件の確認を怠ったりしますので、ついついミスをしたのかも知れません。さすがに高額案件で失敗したことは無く、おのずと慎重になりますのでミスが無かったようです。

ミスを回避するには成果条件を十分に核にした上で、慎重にステップを進める必要があります。また承認されない理由が明確でないときのために、問い合わせようの官僚メールなどを保存しておくと良いでしょう。

換金できるか

モッピーの最低換金額は300円で交換手数料も本会員なら無料ですから、無料広告やアプリダウンロードですぐに到達できます。

お小遣いサイトの最大の目的はポイントをお小遣いに交換することですから、ここのハードルが高くてはお話になりません。モッピーはリーズナブルな設定になっていますから1ヶ月ほどで確実に換金できます。


現時点で当サイトが推奨するのはモッピーです。
モッピーは自信を持っておすすめできるお小遣いサイトです。
モッピー(moppy)の評価・評判、おすすめポイント

<< ホームに戻る < 個別サイト攻略に戻る

topnimodoru

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑