お小遣いサイトの会員ランク制度について

お小遣いサイトの中には会員ランク制度を設けているサイトがあります。
航空会社のマイレージ会員や楽天市場のポイントクラブの様に、サービス利用頻度の高いユーザーに特典を与えるシステムです。

制度の目的は上得意客への報償と、会員の囲い込みだと考えられます。お小遣いサイトの中でランク制度が、どのように機能しているかを調査してみました。

有名なお小遣いサイトの中で会員ランク制度があるのは、ポイントインカム、ライフマイル、ハピタス、ポイントタウン、ECナビの5サイトです。

最高ランクの基準と特典内容

chikyu会員ランク制度の運用はどこも似たような感じで、一定の期間に基準をクリアすれば、翌月に獲得したポイントの何%かをボーナスとして付与するというものです。

しかし制度の運用は似ていても、ステータスアップの基準や与えられる特典の内容は違いがあります。以下にそれぞれの最高ランクの獲得基準や特典について比べていきます。

ポイントインカム
最高ランク  プラチナ(1度クリアで恒久的)
ボーナス    7%
獲得基準   1万円分以上のポイント獲得
対象期間   累計で達成すればOK

ライフマイル
最高ランク  プラチナ
ボーナス    20%
獲得基準   ポイント獲得15回以上(広告利用50P以上)
対象期間   過去2ヶ月

ハピタス
最高ランク  ゴールド
ボーナス    2%
獲得基準   広告利用20回以上 or 1万円分以上のポイント獲得
対象期間   過去6ヶ月

ポイントタウン
最高ランク  プラチナ
ボーナス    15%(ショッピング、検索、アプリ)
獲得基準   5千円分以上のポイント獲得
対象期間   過去6ヶ月

ECナビ
最高ランク  ゴールド
ボーナス    15%(ショッピング、検索、アンケート)
獲得基準   お買い物利用15回 かつ 獲得ポイント300円以上
対象期間   過去6ヶ月

会員ランク制度は機能しているか?

digitaleye
それでは各お小遣いサイトの会員ランク制度についてコメントしていきます。

ポイントインカム

ここはいいですね。何と言っても1度獲得すれば、ずーとランクが維持されるところが素晴らしい。入会してから累計で10000ポイント獲得でクリアですから、メインサイトとして利用すれば十分可能ですね。

ポイントインカムはもともと広告還元率もトップクラスですから、そこにプラス7%は大きなアドバンテージになります。

ライフマイル

ボーナスポイント20%アップは素晴らしい設定ですが、獲得条件が厳しすぎますね。2ヶ月間で広告利用を15回以上おこなうのはハードルが高すぎますし、それを維持していくために、同じペースで広告利用を続けるのはなおさら無理です。

会員の囲い込みばかりが感じられ、あまりやる気になれない制度だと思います。

ハピタス

対象期間を6ヶ月にしているのはとても評価できますし、この期間であれば十分クリア可能な獲得基準だと思います。でも2%のアップはいただけません。すでに還元率が高いとはいえ、もう少し頑張っていただきたいところです。

ポイントタウン、ECナビ

この2つのサイトは制度の内容がとても似ています。またユーザーが多く利用しているからか、還元率が渋いところも似ています。そしてこの2サイトの会員ランク制度は呆然とするほどしょっぱいです。

ボーナスが付与される対象ポイントがショッピング、検索、アプリ、アンケートですよ。通常の広告利用は除外と言うわけです。ショッピングでいえばECナビの楽天市場の還元率は0.5%ですから、ゴールドランクになっても0.575%に上がるだけ。

ハピタスやげん玉は何もしなくても1%還元なのに。渋いですね。ECナビさん!

という訳で今回の調査でわかったことは、お小遣いサイトにおける会員ランク制度は航空会社や楽天市場ほど機能していない、いや、ほとんど機能していないと言うことです。


現時点で当サイトが推奨するのはモッピーです。
モッピーは自信を持っておすすめできるお小遣いサイトです。
モッピー(moppy)の評価・評判、おすすめポイント

<< ホームに戻る < お小遣いサイト攻略に戻る

topnimodoru

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑