お小遣いサイトのポイント交換について

お小遣いサイトを利用する最大の目的は、貯めたポイントを現金や電子マネーと交換し、お小遣いを貰うことです。そこで大切なのが、いくらポイントを貯めれば交換できるのか? という最低交換金額とその際にかかる手数料です。

新しいお小遣いサイトを利用する時には、この2点をしっかりと把握してから交換までのプランを事前に立てましょう。とりあえず始めてしまうと、思わぬ交換可能額の高さに途中で挫折する危険性がありますので十分ご注意ください。

またポイント交換の際には、ユーザーアカウントと振込み口座名義の一致が前提になりますので、お小遣いサイトの会員登録時から注意が必要です。

最低交換金額と交換手数料

1 coin
お小遣いサイトの最低交換金額は300~500円が相場で、良心的な設定であると言えます。1000円以上の設定だとまとまった広告利用をしないと、到達が難しくなるので、ゲームやアプリのダウンロード中心に利用を考えている方には不向きです。

では交換可能金額を300円、500円、1000円以上のグループに分けて現金への交換手数料(最良条件)をご説明します。

300円グループ

モッピー      ゆうちょ、三井住友銀行で手数料30円。
げん玉       PointExchange経由、無料チケットで月1回無料
ライフマイル    げん玉と同じ
ポイントタウン   楽天銀行なら手数料なしで100円から交換可能(例外)
お財布ドットコム   楽天銀行で80円

500円グループ

ゲットマネー    楽天銀行と住信SBIは無料、他の金融機関は1000円から無料
ポイントインカム  ジャパンネットで50円
ちょびリッチ    楽天、住信SBI,ジャパンネットは無料
チャンスイット   現金交換初回無料

1000円以上グループ

ネットマイル    2000円から住信SBIなら無料
ライフメディア   2000円からメガバンク、楽天、ジャパンネット無料
ポトラ       1000円から住信SBIで50円
フルーツメール   2000円から住信SBIでも210円

改めて見比べると同じお小遣いサイトでも随分違うものですね。中には会員登録してからじゃないと最低交換金額、手数料が確認できないところもありますので、上記情報を参考になさってください。

ポイントの交換先

cointumi
現金で交換する場合には、やはりネット銀行の手数料が有利になります。
楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBI銀行

中でも楽天銀行は提携しているお小遣いサイトが多い為、必ず押えておきたい銀行口座です。

現金以外の交換先には、電子マネーを中心に以下の4種類があります。

ポイント合算サイト

PeX        ポイントを合算できる便利なサービス
PointExchange  げん玉、ライフマイルは必須

汎用性のあるネット電子マネー

Webmoney、Vプリカ、BitCash

サービス限定のネット電子マネー

amazonギフト、iTunes、モバコイン、Ameba、LINE

コンビニなどで使える電子マネー

楽天Edy、nanaco、suica、waon、Tポイント

電子マネーは交換手数料無料のお小遣いサイトが多いですから、使用目的が明確なら各種電子マネーへの交換がお得になります。


現時点で当サイトが推奨するのはモッピーです。
モッピーは自信を持っておすすめできるお小遣いサイトです。
モッピー(moppy)の評価・評判、おすすめポイント

<< ホームに戻る < お小遣いサイト攻略に戻る

topnimodoru

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑